就活の様々な「?」を人事が解説♪

21世紀の働き方、就職転職を科学するメディア

[QA] インターンの選考優遇について

 
この記事を書いている人 - WRITER -
人事@助虎
リクルートG出身、求人営業と人材紹介業に従事し、現在一般企業で人事担当責任者をしています。就活生・求職者のお悩み解決に役立つ情報を発信中。企業の採用担当者向け採用・広告ノウハウもたまに発信します。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、助虎です。今日のQ&Aは

① インターン参加者等を選考優遇するかどうか

② 中堅大学〜東大・京大の院へ進んだ人もエントリーシートは通過しやすいかどうか

 

の2点です。

まず①ですが、助虎が採用を担当している企業は差をつけていません。

しかし当然インターン参加者はのんびりしてる学生より就労意識は高いわけですし、仕事をある程度させれば能力はある程度垣間見える為、特に潜在能力の高い学生を採りたい企業などは早めに内定を出したり選考を優先して進める企業は存在します。

② ES通過は高学歴なほど一次選考では通過しやすいです。

院卒の場合はそれが最終学歴になりますので卒業大学院になります。

通過率は上がりますし、本質的な採用活動の中でも学士を卒業した学校から

レベルアップしていると成長性を感じ印象に残るケースも多いです。

 

 

今日は質問が少ないので2点目

 

質問内容:短期離職して実務経験がないが事務職で採用されたい。

これは全くの未経験という事ですね。

短期離職した人でも採用を検討する会社という前提で回答します。

PRするべき事

1.その事務をするに十分な能力・適性をPRできる事

2.短期離職した会社をやめた理由を自身で整理しており、対策もしている為

面接先企業を短期離職する事はないという事をPRできる事

3. 長期勤務できるという明確な根拠を持って説明できる

 

1、2両方に説得力が必要です。

仕事内容にもよりますが事務職の仕事は接客等の対応性が高い人物を

採用するケースが多いです。(未経験OKなら尚更)

清潔感、明確な受け答え、丁寧な性格でミスが少ない等が必要です。

 

ちなみに・・・未経験採用を相手が考えていない場合は今回のようなケースは落ちるケースが多い為、募集スキルをきちんと事前に確認しておく事が大事です。はい、ではまた次の記事で。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
人事@助虎
リクルートG出身、求人営業と人材紹介業に従事し、現在一般企業で人事担当責任者をしています。就活生・求職者のお悩み解決に役立つ情報を発信中。企業の採用担当者向け採用・広告ノウハウもたまに発信します。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Suketora .com , 2018 All Rights Reserved.