就活の様々な「?」を人事が解説♪

21世紀の働き方、就職転職を科学するメディア

[QA 開始] 「転職の軸について」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
人事@助虎
リクルートG出身、求人営業と人材紹介業に従事し、現在一般企業で人事担当責任者をしています。就活生・求職者のお悩み解決に役立つ情報を発信中。企業の採用担当者向け採用・広告ノウハウもたまに発信します。
詳しいプロフィールはこちら

最近Q&Aをあまりやっていませんでしたが整理する意味も込めて

しばらくの間いくつか解説していきたいと思います。

〜質問要約〜

軸について質問。どんな軸で就職時にPRをしたら良いのか、という点です。

・現在求職中の男性。前職は金融機関だったがノルマがきつく短期離職した。

・事務の正社員で土日休み希望だが、なりたい姿の希望が明確にない。

・地元で生産管理の募集があり、モノ作りに関わる事にあって応募を検討中。

 

どうやったら人事的には前向きに検討しやすいのか?回答です。

内定をとりやすくするための考え方・テクニック

 

①自分がどういう形で利益貢献できるかPRすること

②前職の不平不満は言わない

③転職理由説明では下記の点に絞ってポジティブにPRする事

・前職では解決が不可能な課題があった。

・その課題は面接先企業、その募集職種では解決及び改善する事ができる

・将来こんな形や状態に成長したいと思っている(ポジティブ)

就職するとは何らかの形で企業に貢献し利益をもたらす存在になる事。就職するには人手としての需要があることが大前提です。それは金銭的に売上をあげる事でもいいですし人手が困っている部署を助ける事でもいいと思います。

専門性の高い仕事程需要がある傾向にあります(代わりが効きにくい為)。

生産管理の仕事は多少専門性があるため経験者を採用するケースも多いですが未経験OKの募集であれば、スキル経験を積むいい機会です。

選考前に事前に下調べをして実際の業務に関する質問や、どのようなスキルがつくか、まだその中でどのように会社に貢献できるかなどを質問できるようにしておきましょう。

 

採用側は、有能な人や、積極的な姿勢の人と仕事をしたいと思っています。前職の不満を言っている人は最初から「会社を辞めたらこの人はまた外で我々の不満や不平を言うだろうな」と判断されるため面接では絶対に前職批判しないようにしましょう。前向きな姿勢が幸運を呼び込みます。ぜひ準備頑張って下さい。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
人事@助虎
リクルートG出身、求人営業と人材紹介業に従事し、現在一般企業で人事担当責任者をしています。就活生・求職者のお悩み解決に役立つ情報を発信中。企業の採用担当者向け採用・広告ノウハウもたまに発信します。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Suketora .com , 2018 All Rights Reserved.