就職関連情報を人事視点で発信中★

助虎@人事web屋のブログ

Suketora times

転職して会社が潰れないか不安という問いの回答

 
この記事を書いている人 - WRITER -
現役人事で営業経験者。今はweb集客を担当中。 リクルートやスタートアップなど人材系企業での経験を元に、 就職・転職関連の情報を人事側・求職者側両面の視点で発信します。
詳しいプロフィールはこちら

今日は転職後の会社の経営の安定性について不安な方からの質問です。

潰れない会社など存在しません

結論から言うとそういうことなんですが、まずは調べてみましょう。

財団法人・・・法人格を付与された財団のこと。特定個人企業などの法人からの拠出財産で設立され、これによる運用益である金利などを事業原資として運営する法人。法律改正により2008年12月より公益目的でなくとも一般財団法人を設立できるようになった。また、以前の財団法人(特例民法法人)も所管機関での手続きを経て一般財団法人へ移行できるようになった。(出展:wikipedia)

一般社団法人・・・2006年の公益法人制度改革により、公益社団法人とともに設けられた法人である。設立許可を必要とした従来の社団法人とは違い公益の有無は問われず、一定の手続き及び登記さえ経れば誰でも設立することができる。設立後も行政からの監督・指導はない。収益事業や共益事業なども行うことができる。ただし株式会社等と異なり、設立者に剰余金または残余財産の分配を受ける権利を与えることはできず、そのような趣旨の定款は無効。

制度改革前と混同し、公益性が設立要件と誤解したり行政庁の許可が必要と誤解している人も多く、イメージを悪用して脱税投資詐欺などの違法行為も発生している(出展:wikipedia)

つまり、

財団法人は資金がある人が出資した会社、一般社団法人は特定目的の元に運営され、利益事業はできるが設立者が金銭的利益を得る事はできない会社(業界団体とか社会的な目標を達成するための法人設立などが多い)

という事です。

収益性を見るなら直近数年間の財務諸表を見ればいい

安定した転職先としてこういう法人をターゲットとして考える事は正直オススメできません。財団法人・一般社団法人・独立行政法人等は様々な法人がありますが、経営が安定していない会社はざらにあります。ひっそりたたんでいる法人も普通にあります。経営の安定している特定的な法人などはあまりないと思ってください。私自身財団法人の採用をかなりケースに深いところに入り込んでお手伝いしていたことがありますが、他の民間の法人にいくらでも遅れをとっている、むしろこのまま放置していると法人が潰れる可能性すらあるという会社もありました。

逆に今の世の中の流れを見て成長率の高い業界や職種に従事すればよいでしょう。しかしどれも完璧な会社などないと思われます。私は日本でもっとも経営安定してる企業体はトヨタだと思いますが、関連の販売会社とか先々厳しいところもありますし。。。何かしら厳しい部分はあると思います。

どうしても心配なら公務員か一流トップ企業、それらがムリなら行政から固定的に仕事を依頼される下請会社がオススメ

上記の質問内容だけだと質問者様の詳しい情報が分かりませんが特に売りの強い専門スキルなどをお持ちでなければ20代のうちなら公務員の転職が可能ですし、

転職可能であれば行政の下請けであれば収入だけならある程度安定するかと思います。どちらも実際に働いている人の話を聞くと幸せな事ばかりではありません。どんな仕事でもメリットもあればデメリットもあるということです。

自分が何に最も喜びを感じるか、また何にもっとストレスを感じるかが大事

行き着くとこはだいたい多くの方がこちらです。仕事がキツくても喜びを感じる収入を稼げる、長く続けられる・・そういった方が喜びを感じている一方で同じ仕事をしてもものすごくしんどい、つらいと感じて退職される方がいます。

仕事を続けている人に共通してよく出る答えとして「その業務自体をストレスと感じていない」または「自分に必要だと感じるので大変でも頑張れる」そういった事が多いです。

ヒトはなぜ働くのか、仕事に人気の業種もありますが不人気の業種でも仕事を続けている人は、仕事に誇りを持っていたり、やりがいを感じているからです。他人がつらいと感じることに対してその人たちをつらいと感じていないため長く続くわけです。

したがって最低限の収入水準や経営の安定性という事は仕事選ぶ上では重要ですので、そこはある程度調べて活動されるのがいいと思います。しかしその後の仕事という事については、「自分が何にストレスを感じ、どんな事なら苦にならないかで続くかどうか決まるでしょう。興味が持てる分野、そのために勉強しても辛くないと感じる分野で頑張ってみましょう。

まだそこに対して自分自身がどう感じるのかということが皆目見当つかない場合はしばらく今の仕事続けられて俺を見極めてから動くのがいいと思います。

がんばっていきましょう。関連する記事はこちら(あとあと紹介します。)

この記事を書いている人 - WRITER -
現役人事で営業経験者。今はweb集客を担当中。 リクルートやスタートアップなど人材系企業での経験を元に、 就職・転職関連の情報を人事側・求職者側両面の視点で発信します。
詳しいプロフィールはこちら
最近のコメント

    - Comments -

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    Copyright© Suketora times , 2019 All Rights Reserved.