就活情報色々発信中★気軽に質問どうぞ♪

21世紀の働き方、就職転職を科学するメディア

短期離職した場合の就職活動

 
この記事を書いている人 - WRITER -
人事@助虎
リクルートG出身、求人営業と人材紹介業に従事し、現在一般企業で人事担当責任者をしています。就活生・求職者のお悩み解決に役立つ情報を発信中。企業の採用担当者向け採用・広告ノウハウもたまに発信します。
詳しいプロフィールはこちら

今回の質問者様はこちら。

「短期で離職した後の就職活動がうまくいかなくて困ってます」

中途採用、特に第二新卒ではよくお悩み相談のトピックスとなる内容です。

今回もバシッと本音回答です!

質問者さんの状況=========================

・新卒の会社を半年で退職

・その後1年半アルバイトをした

・公務員試験を目指したが、面接がうまくいかず民間就職を考え出した所

・面接がうまくいっていない

=================================

このような状況ですので、

・PRできる実務経験は現状ない

・まだ若いので柔軟に吸収していける という点を踏まえ、

→ 「未経験OKの職場」「きっちり1から勉強して貢献する働き方」

が一番可能性のある活動方針という事で回答しました!

=========================

過去=現在=未来で考えましょう。
その離職をどう捉え、どう表現するかが大事です。

過去「元々どうなりたかったか」

  「どういうアンマッチがあって今に至ったか」

現在「今どうなりたいか」

  「次の所では長く働いてきちんと経験を積みたい」…熱意のPR

  「同じ過ちをしないよう、この点に気をつけています」 (再発防止)

未来「御社に入社したらこういうこうなりたい」 …具体的イメージをPR

それが伝われば十分チャンスはあるでしょう。
空白期間はバイトをしながら慎重に長続きできそうな会社を探していたと答えて構いません。

あとは「応募数と熱意」だけです。未経験okの中途採用は基本です。

失うものがないわけなのでやる場合は熱意と応募数が大事ですね!

勿論、新卒入社の会社で入社前に見学にいったり現場の人と交流して

しっかりイメージをする事が必要です。

ご本人にはこちらの内容でご納得頂けたようです。

またいつでも質問してね!

【まとめ】

<第二新卒採用の重要ポイント>

・未経験OKが応募先としてハードル低め

・短期離職の場合は再発防止の振り返りをきっちりする。

・若さを武器と考え、応募の数をまず当たる事。

 拾ってくれる所にめいっぱいの感謝を感じて積極的に行きましょう!

以上です! 続く

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
人事@助虎
リクルートG出身、求人営業と人材紹介業に従事し、現在一般企業で人事担当責任者をしています。就活生・求職者のお悩み解決に役立つ情報を発信中。企業の採用担当者向け採用・広告ノウハウもたまに発信します。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Suketora .com , 2018 All Rights Reserved.