就職関連情報を人事視点で発信中★

助虎@人事web屋のブログ

Suketora times

未経験業界を内定を取る時のポイント

 
この記事を書いている人 - WRITER -
現役人事で営業経験者。今はweb集客を担当中。 リクルートやスタートアップなど人材系企業での経験を元に、 就職・転職関連の情報を人事側・求職者側両面の視点で発信します。
詳しいプロフィールはこちら

今回は業務経験が官公庁臨時職員の経験のみである正社員未経験就職希望のかたからの質問です。未経験の業界に対してどのように志望動機を伝えていくかというのが主な疑問点。

キャリア的に見ると短期バイトの繰り返しと判断される経験になります。

官公庁が臨時職員の採用についてこのように細切れな雇用期間を設けるのは、移動退職に伴う雇用トラブルや揉め事減らすことが1番の目的であり、派遣のよういつでも期間内に雇用満了できる「雇用トラブルの起こらない採用方法」となっているからです。だからまったく未経験の方と同じから選考から仲良くなるかもしれないかかなと思われます。

未経験雇用できる職種ならその仕事について十分調べ、熱意を持って選考に臨みましょう。

未経験転職で歓迎されるのはだいたい30代後半まで。いろいろな方がいますが、その理由は全く新しい仕事や知識を詰め込んで、たくさん勉強ができる平均的な年齢層がその辺までだからです。「長期的キャリア構築の構築の為」という名目で採用ターゲットに訴求する事が可能です。

経験がない場合、大事なのは熱意です。ただし未経験だからといって経験者が全く来ないわけではなくまた経験者の方を実際に優遇するケースもあります。そういう場合は一生懸命やっても改善できるところに限界があり、経験者にその場を譲らざるを得ない場合もありますので細かいところまでベストを尽くす必要があります。

最低限、企業の募集背景や全体的な特徴、その職種の詳細は準備しておきましょう。

以上です。

この記事を書いている人 - WRITER -
現役人事で営業経験者。今はweb集客を担当中。 リクルートやスタートアップなど人材系企業での経験を元に、 就職・転職関連の情報を人事側・求職者側両面の視点で発信します。
詳しいプロフィールはこちら
最近のコメント

    - Comments -

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    Copyright© Suketora times , 2019 All Rights Reserved.