就職関連情報を人事視点で発信中★

助虎@人事web屋のブログ

Suketora times

新卒時に落ちて諦められなかった企業に中途で応募する時のポイント

 
この記事を書いている人 - WRITER -
現役人事で営業経験者。今はweb集客を担当中。 リクルートやスタートアップなど人材系企業での経験を元に、 就職・転職関連の情報を人事側・求職者側両面の視点で発信します。
詳しいプロフィールはこちら

今日は、いちど落ちた企業に再度応募したい求職者さんからの質問です。中途採用で採用されるためのポイントについて紹介したいと思います。

新卒時と何が違うかPRする事は最低限必要

結論から言うとハードルが高いのでダメ元です。チャンスがあるのは・・

先方のニーズとこちらのできることがマッチしている場合です。

中途採用の目的は基本的に欠員募集又は特定の課題を解決するために行う為、その課題解決に有益な能力や経験を持っている人材が採用される傾向にあります。職種にもよりますが、経理など中途ニーズが一般的に多い専門職種はチャンスがある場合があります。新卒総合職不可だったけど専門職で採用されたというのは企業の状況によってはあるでしょう。

新卒と中途の採用目的の違い

新卒は長期的育成が前提のた採用、中途は課題解決の為の採用

そこを考えて志望動機を作成する必要があります。中途採用されるにあたり募集がなぜ出ているのか?これを理解していく必要があります。求人広告に掲載されているのであればそれで充分ですが人材紹介などの場合はなぜそれがあれば支配権なのかというのはコンサルタントに直接詳細に聞いておきましょう。

応募先企業に、自分はどんな課題を解決できるのか、その根拠として自分がどんな実績や経験、能力をもっているのか。自分の意気込みとともに具体的にPRしてみましょう。新卒に対して中途採用の時にPRできるのは経験や実績です。

現在の職場でどのような実績が出せているのか、どういう経験が連れているのかそしてそれを次の仕事でどういうふうに生かせるのか。これらが話の筋道として全てつながっていると、自己PRにも説得力が出てきます。

活かせる経験をしているということが大事ですが、第二新卒の場合はある程度未熟でもポテンシャル採用ということで前向きに似てくれることもあります。社会人の年次きが進むにつれトップの実績を出す人間から出てくるとその同い年の人間と比べてどうかという判断を人事や採用担当は行う傾向にあるため、どんどん採用のハードルが上がっていきます。

こういった点を意識して活動していただければ幸いです。

この記事を書いている人 - WRITER -
現役人事で営業経験者。今はweb集客を担当中。 リクルートやスタートアップなど人材系企業での経験を元に、 就職・転職関連の情報を人事側・求職者側両面の視点で発信します。
詳しいプロフィールはこちら
最近のコメント

    - Comments -

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    Copyright© Suketora times , 2019 All Rights Reserved.