就職関連情報を人事視点で発信中★

助虎@人事web屋のブログ

Suketora times

倍率が難しいと言われた時の考え方

 
この記事を書いている人 - WRITER -
現役人事で営業経験者。今はweb集客を担当中。 リクルートやスタートアップなど人材系企業での経験を元に、 就職・転職関連の情報を人事側・求職者側両面の視点で発信します。
詳しいプロフィールはこちら

今回は商社の一般職に就職したいという学生さんからの質問に回答します。

倍率よりも応募者の応募内容や面接内容が大事

OGが毎年何名か入社しているのであれば全く問題ありません

企業というのは最低限これだけは欲しいという採用される人物像の条件を設定しています。それはSPI,WEBテストの結果や学歴などの事務処理能力+面接内容で見られる人物的な性格や志向で決まります。毎年何名かに内定が出ているという事は質問者様の出身校であれば十分採用ハードルをクリアしていると言えます。

今年も新卒採用を行っているのであれば人事担当は何名か採用しようと考えているでしょう。

当然全員が受かるわけではなく、そこにしっかり準備をしたか全体的な応募者と比較検討したときに上位から数えて応募数の枠内に入ったかどうかそこをクリアできていれば問題ありません。もちろん内定を辞退する学生もいるわけですので内定自体は多めに出すことがあると思います。

倍率的に難しいといっても平均より上ならチャンスがある。OG訪問で情報収集も忘れずに。

企業の設定した採用される人物像の条件を満たしている人が多い場合は競争が激しくなり、内定をとる学生の平均値が上ブレすることはあります。そうなると昨年まで合格できた人が今年は出来ないこともありえますが、内定者の中でも必ず入社という確信が持てていればそれを人事にしっかりPRしましょう。同じ出身校の先輩をOG訪問して、面接の内容や注意していたこと、たうまくいったことなど様々な情報を収集しておきましょう。必ず役に立つはずです。

水準に達していれば「入社カウントしても固い(入社数にカウントしてOK)」と判断してもらえ、早めに内定を獲得する事ができるかもしれません。

全力で内定を取りに行きましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
現役人事で営業経験者。今はweb集客を担当中。 リクルートやスタートアップなど人材系企業での経験を元に、 就職・転職関連の情報を人事側・求職者側両面の視点で発信します。
詳しいプロフィールはこちら
最近のコメント

    - Comments -

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    Copyright© Suketora times , 2019 All Rights Reserved.