就活情報色々発信中★気軽に質問どうぞ♪

21世紀の働き方、就職転職を科学するメディア

受かる履歴書作成のポイント5点

 
この記事を書いている人 - WRITER -
人事@助虎
リクルートG出身、求人営業と人材紹介業に従事し、現在一般企業で人事担当責任者をしています。就活生・求職者のお悩み解決に役立つ情報を発信中。企業の採用担当者向け採用・広告ノウハウもたまに発信します。
詳しいプロフィールはこちら

中途採用における履歴書作成のポイントについて書きます(^^)

採用担当から見ると、同じ経歴でも書き方によってその印象は大きく違います。

良く書けていると「読み手に配慮できる人だな」という好印象に繋がります。

是非抑えておきましょう

<受かる履歴書作成のポイント8つ>

①「読みやすく、わかりやすく簡潔に」 が大原則

人事が何人も面接する中で、応募書類の内容が必要以上に長文だと内容理解に時間がかかり、嫌がられます。

逆にわかりやすい履歴書作成は好印象!簡潔にまとめる事を意識しましょう。

②学歴は卒業中学くらいからでOK 

わかりやすさが大事なので職歴同様、学歴も少し簡単でOK。

JIS規格の履歴書なら左半分にゆとり持って収まるようにしましょう。

 

社会保険支給を受けた会社の勤務歴のみ記載

原則全て記載しましょう。 ※社会保険適用受けていない会社は記載する必要はありません。

※常勤者の3/4以上勤務する場合は非正規でも適用対象ですが、きちんと払ってない会社も割とあります。バイトで過ごした期間があってもいいですが、人事は半年〜1年程度ならさして気にしません。「ぼーっと過ごしてた訳でなくそれなりの理由があった」と伝えられればokです。バイト先まで色々書いていると経歴が汚く見え、マイナスですので「空白期間はバイトをしながら継続して求人を探していた」でOKです。

 

④職務経歴書も簡潔に書く(必要記載事項は「共通点」

中途採用で必要なのは「どんなポータブルスキルがあるか」という事です。

ポータブルスキル=持ち運びできる能力 ですね。

営業能力、広告デザイン作成能力、経理の実務能力、プログラミング能力など、

他の仕事をしても特定の用途に使える技術の事です。

例えば税理士や会計士が他の事務所でもすぐ仕事始められるのと同じですね。

なので、「私の経験と御社の求人で必要な業務遂行能力ではこの点が共通点ですよ」

という点が分かればOK、という程度です。表彰された内容PRはおまけ程度にしておきましょう。

・あなたの得た経験、能力

・その求人と経験、能力の共通点 

この2点だけ意識してわかりやすい形で記載して下さい。

可能であれば1枚まとめが望ましいです。

記入例は別記事で紹介します。

 

⑤志望動機の書き方

熱意と論理で組みましょう。

1)論理PR部分 

■未経験業務

…「求める人物像」と前職で大切にしていた心構え・取組・経験の共通点を探してPRする

■前職と関連性ある業務

…現在・過去・未来で話を組む

・これまでの仕事はこういう事を学んで来た(過去)

・将来的にこうなりたいと考えている(未来)

・今回この経験を積んで将来の自分のなりたい姿に近づいて行きたい(現在)という流れ。

2)熱意PR部分

・経験を活かしてこういう点で貢献したい(経験・貢献PR)

・こんな事やこんな事にチャレンジして将来像に近づいて行きたい(具体的イメージをPR)

上記の流れで貢献意欲をつづるとわかりやすいです。

順番は順不同でもOK。熱意と論理をセットでPRしていきましょう。

気持ちも伝わるし、「この人は続く」という判断材料の根拠となりやすいです。

この記事を書いている人 - WRITER -
人事@助虎
リクルートG出身、求人営業と人材紹介業に従事し、現在一般企業で人事担当責任者をしています。就活生・求職者のお悩み解決に役立つ情報を発信中。企業の採用担当者向け採用・広告ノウハウもたまに発信します。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Suketora .com , 2018 All Rights Reserved.