就職関連情報を人事視点で発信中★

助虎@人事web屋のブログ

Suketora times

内定者顔合わせに予定があり断りたい場合の対処

 
この記事を書いている人 - WRITER -
現役人事で営業経験者。今はweb集客を担当中。 リクルートやスタートアップなど人材系企業での経験を元に、 就職・転職関連の情報を人事側・求職者側両面の視点で発信します。
詳しいプロフィールはこちら

今日はすでに内定をもらった人が何度か入社前に会社に集まることがあり、きそこに対して用事があるがどうやって断って行ったらいいのか、という質問です。

まずこの話を検討するときに最初に頭に入れておくべき前提条件があります。

①内定=雇用の確約

②決まり次第連絡が来る

③既に大分前から準備している

①について・・・すでに上記3つの条件が揃っている状態で予定がはっきりしない集まりが何度かあると。ここでまず大切なのは内定を承諾した後はこようが確約されて状態のため、集まりにいかなかったからといって取り消されるという類のものではないということをご理解ください。

②また、決まり次第連絡が来るというのはいつまでに連絡が来るのか、そして大体何時ぐらいの期間にそれが開催されるのか、こういった詳細を事前に対象者に伝えるのが開催する側の筋です。

ビジネスシーンでは当たり前にやるべき連絡や調整を前もって行っておくのがマナーですし、それができていないのであれば、優先してもらえることは無い、というのが普通です。期限や開催時期に対して説明が十分になされてないのであれば重視すべき予定ではないと解釈していいでしょう。内定が出ても各本部任せなわけですからその時間は学生の物です。

よって旅行に行くこと自体は問題ありません。

ただし関係は良好で痛いというのは人情として当然のことだと思いますのでそれはスムーズに行うためのポイントお伝えします。

①ずっと前から準備していた事なのでいけないと伝える

②参加できない代わりに当日の資料などが欲しい、同期に質問をして当日の内容を積極的に学んできおきたい旨を伝える。

学生のうちから今日も手伝うことが半ば当たり前とされてる企業を除き、社会通念上、休むこと自体は問題ありません。卒業旅行と同じぐらいの旅行休暇は社会人になってからだとほとんど取れない場合が多いためかけがえのない休暇期間になります。なので余程の市大の石油デナイ限りこれは許してくれるでしょう。

ただし参加できない代わりに意欲はとてもあるんだと言うことを人事に伝え、参加できなかりにしっかり学びたい旨を伝えなれるほうが望ましいでしょう。もちろん他のときは内定者懇親会や度重なるつもりで同期同士で仲良くなったり、いち早く乗車先輩と人間関係を築いてしまうかもしれません。そういう意味では少し気分的に遅れをあつくることもあるかもしれませんのでそこはご了承下さい。

これも代替案を提示をすればよく、帰国してからすぐに会社の仕事何かしら手伝うあるばいとをしたいと申し出るとか先輩がその時間を持ちたいけれどもおおどうしたらいいでしょうかなど地震人事に相談するというのは非常に意欲的に受け取られプラスに働くと思いますので「卒業旅行は卒業旅行」「入社前の集まりは入社前の集まり」というふうに割り切ってメリハリをつけて行動するのがお互いにとってプラスです。

「代替案の提示」は社会人になってからいろいろな場面でよくつかえるテクニックです。もちろん営業でも使えます。

ぜひご参考ください。

この記事を書いている人 - WRITER -
現役人事で営業経験者。今はweb集客を担当中。 リクルートやスタートアップなど人材系企業での経験を元に、 就職・転職関連の情報を人事側・求職者側両面の視点で発信します。
詳しいプロフィールはこちら
最近のコメント

    - Comments -

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    Copyright© Suketora times , 2019 All Rights Reserved.