就職関連情報を人事視点で発信中★

助虎@人事web屋のブログ

Suketora times

面接で言いたい事がうまく伝わらなくて悩んだ時に読む記事

 
この記事を書いている人 - WRITER -
現役人事で営業経験者。今はweb集客を担当中。 リクルートやスタートアップなど人材系企業での経験を元に、 就職・転職関連の情報を人事側・求職者側両面の視点で発信します。
詳しいプロフィールはこちら

あなたの人物像が伝わらないと不利

新卒の時は実務経験がない人がほとんどのため、応募者がそれまで何をしてきた人なのか、どんなことを大切にしている人なのか、社会人になったらどういうことを実現したいのかなどを面接でPRしていきますが、まだ仕事の実務経験がないため、「能書き勝負」にならざるを得ないところも一部あります。

勿論学生の頃から社会人のような仕事を経験している人や、一般の学生では珍しい行動力、実践力など何か光る魅力を持っていることがPRできると、他の応募者と差別化できる為、印象に残りやすいですし選考に有効なケースもあります。

しかし新卒というのはポテンシャル、潜在的な能力の成長に期待して採用するものなので実務経験なんて別になくて構いません。むしろまっさらな方が会社のカルチャーに染まりやすい為、まっさらである事をむしろ望まれる傾向にあります。

採用側は面談時に新卒の受け答えや物事の考え方、打ち込んでいた部活・サークル・趣味・アルバイト・打ち込んできた事などから総合して大まかな人物像を想定したり、価値観や考え方に関する質問などをみてその人の性格の一貫性や論理性などを観察して、その内容や伝え方が自社の採用基準に照らし合わせて選考を通過させても良いかどうか考えています。

つまり、それでなんで何を考えているかわからないとも言われたということは

・あなたが本音でしゃべっているかどうか分からない。

・あなたの話に意思や感情が感じられない。

・何に情熱を燃やすタイプなのかがわからない。

・この子ってあんまり本音でしゃべってくれないタイプなのかなという疑問

そういうふうに受け取られたのだと思います。

性格が分からなければ自社の業務に対してどれだけの情熱を持っているかもわからないし雇用して安定的に勤務しすぎていくかどうかもわからない。つまり常に退職リスクを抱えた人を選考しているようなもの。これではなかなか内定をかもらうのが難しいと思います。

どうすればこの様な状況を打破できるか

・「面接は自分を売る機会」という心構えと危機感を持つ事

・自分のPRを録音して練習、他人にも聞いてもらう

・感情表現、自己主張の練習を行う。

この問題を放置していると社会人になっても必ず相手とのコミュニケーションを測る上で質問者さま苦労されることになると思います。コミュニケーションが下手な人間は人生でも間違いなく損をするので就職活動の時にまとめて克服しておくのがいいでしょう。

これらができていれば基本的な仕事のコミュニケーションで行き違いを起こす事は減りますし、仕事相手はもちろんプライベートで友人や恋人との付き合いでも、それができない状態の人よりは楽しく前向きに過ごせることが多くなると思います。とても重要なことだと思ってぜひ取り組んでいきましょう。

具体的な内容は別記事にて紹介します。しばらくお待ちください。

この記事を書いている人 - WRITER -
現役人事で営業経験者。今はweb集客を担当中。 リクルートやスタートアップなど人材系企業での経験を元に、 就職・転職関連の情報を人事側・求職者側両面の視点で発信します。
詳しいプロフィールはこちら
最近のコメント

    - Comments -

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    Copyright© Suketora times , 2019 All Rights Reserved.