就活情報色々発信中★気軽に質問どうぞ♪

就職・転職のリアルを語る人事サイト

仕事を選ぶ時の基礎要素

 
この記事を書いている人 - WRITER -
人事@助虎
リクルートG出身、求人営業と人材紹介業に従事し、現在一般企業で人事担当責任者をしています。就活生・求職者のお悩み解決に役立つ情報を発信中。企業の採用担当者向け採用・広告ノウハウもたまに発信します。
詳しいプロフィールはこちら

就活お悩み記事を書く前に、前提知識として必要な考え方を紹介しておきます。

基礎的ですが大事な点を2つだけ。

【1】仕事の5K …仕事を構成する5つの基本要素です。

①勤務地…関東・関西・etc… 実家  or  賃貸 or  社員寮 等、勤務地で住環境に変化。

②給与…月給+賞与。賞与が月給3ヶ月分なら、理論年収は月給15ヶ月分。

実際の年収=理論年収+残業&休日手当+交通費 となります。

③休日…年間休日。三六協定を結んでいる会社なら年間休日105日以上休日が必要です。

大半の企業は年休115〜120日程度+有休が休日です。

④勤務時間…就業規則に定められた労働時間。労働時間の形態は業種や職種により異なります。

⑤環境…ここでいう環境とは【環境=取扱商品サービス内容+企業風土+労働環境】です。

仕事内容や職場の平均年齢、平均離職期間、顧客の特性や商品サービスの特性にかかる

その会社固有の環境全体を指し示します。

求職者にとって理想の仕事といえば、

①勤務地が希望通り

②給与は高給(満足できる位)

③休日は十分(満足できる位)

④勤務時間は 残業なし or 柔軟で健康に過ごせるレベル

⑤環境は、業績良し、人間関係良好、成長感&やりがいが多い 

というのが大半のイメージですが、当然ながら全てを満たす仕事というのは中々ありません。

もちろん、その理想に近い環境の職場というのは存在しますが、

ほぼ間違いなく狭き門であり、競争が激しい事がほとんどですので、

大半の方は

「全要素が100点満点の職場というのは(ほぼ)存在しない」

と考えておいた方が良いです。

また、人によって仕事におけるストレスを感じるポイントは異なる為、

5Kの要素の中で、「この項目は少し大変だったとしても頑張れそうかな」

と感じられる仕事に就けたのであれば、長期勤務できる可能性は高まります。

自分にとってはあまりストレスでない事が短所の職場

=あなたが続けやすい職場 

と覚えておきましょう。

要はいい事も悪い事も知っている方が納得した上で頑張れるので、他人のせいにしませんし、

建設的に仕事に取り組める為、仕事の成果もスピーディに上がってきてお互いハッピーです。

これはとても大切な事。

就業時に「企業のありのままの姿をどれだけ理解した上で納得して働けるか」

それは求職者の方だけでなくその企業にとっても非常に重要な事だと覚えておいて下さい。

実態を正しく知る情報の収集方法については別記事で後述します。

 

【2】新卒採用メイン企業=長期勤続では年収高め

時々、新卒採用で苦しむ学生が

「エントリーした会社全部落ちたらどうしよう…」

「中小企業しかないのかな…大手がいいよう…」と嘆いているコメントを見かけます。

確かに大手の方が中長期では年収高めの会社が多いです。

しかし、中小企業でも社員の年収は大企業より高収入って会社も実は結構あります。

勿論長期勤続することによってそうなったり、特別なスキルを持っている人材が

高給取りであるケースもある為、新卒学生時点の情報収集能力でそのような企業を探し出して

応募して内定獲得&入社というのは大手に比べると簡単ではないでしょう。

 

でも、しっかり情報収集した上で就職できれば中小でも年収を稼ぐ事は可能だし、

万一大手に受からなくても死ぬ訳ではない。

(もちろん大手に受かるのがいい事は多いですよ。当然ながら。)

大手で年収400万から上がらない人もいれば、中小で年収800万以上いってる人もいる。

もちろん大手企業で充実した研修体制の元に育ててもらって能力UPした場合の方が

転職する際に有利な事が多いです。皆知ってる企業なら採用決済も上に通しやすいですし。

 

なので新卒の就職活動で、万一大手に受からなくても、

突き抜けた実績や突出したスキルを身につける事が出来れば有能な人材として

しっかりした市場価値と年収を身につける事は可能です、という事を念頭に置いて

就職活動をして欲しいなって思います。

 

中小企業でも採用ハードルをきちんと設けて採用人材を設計している企業は結構ある為、

逆指名求人などでハイスペック求職者を一本釣りしている会社は割とあります。

(実際そういう内定者から相談がTwitter に来ています)

「中小企業なんて」と油断していて、大手も中小も落ち尽くしてボロボロになっている方の話も

人事界隈ではちらほら見聞きしますので、そうならない為の予防策としてこの記事を残しておきます。

皆様の笑顔と平和を願って次の記事へ。

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
人事@助虎
リクルートG出身、求人営業と人材紹介業に従事し、現在一般企業で人事担当責任者をしています。就活生・求職者のお悩み解決に役立つ情報を発信中。企業の採用担当者向け採用・広告ノウハウもたまに発信します。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 就職サポート.com , 2018 All Rights Reserved.