転職や採用実務の情報を発信中♪

助虎@人事web屋のブログ

オススメ転職サイト

人事と利用者両方の視点でオススメできる「本当に役立った」転職サイト

これまで人事担当として接してきた、また自身がユーザーとして関わって来た立場として、求職者目線でオススメできる転職サイトを紹介します。

転職活動でどこに登録するか迷った時の参考にして下さい。

サイト毎に特色があり、転職エリア・年齢・ライフステージ・年収毎により適したサイトがあるかと思われる為、その辺に触れながら紹介していきます。

1位 リクルートエージェント

利用満足度:★★★★★

公式サイト:https://www.r-agent.com/

転職サイト圧倒的人気No.1は「リクルートエージェント」です。

最も支持される点は知名度と豊富な求人数。

「システムが使いやすい」「面談で沢山求人を出してもらえる」

「募集経緯や欲しい人材像など企業の詳細情報を営業担当に直接確認出来る」

など、柔軟な対応が人気です。私もお世話になった経験がありますが、

上記の点に加え、他社にない非公開求人の豊富さが印象的でした。

転職活動の有無に関わらず、情報収集の点でも登録しておいて間違いないです。



2位 doda

利用満足度:★★★★★

公式サイト:https://doda.jp/

転職サイトランキングNo.2には、「doda」がランクイン。

古くから存在するブランドで高い知名度があり、リクルートエージェントと併用して登録する方が多いです。

「最初にdodaに登録して転職出来た」という方も多く豊富な求人があります。

私も登録しましたが、企業担当と面談担当の連携が応募先によっては薄いケースやリクルートエージェントの名前を出すと弱気になる担当者もいた為、併用利用の際は名前を伏せた方が良いかもしれません。

しかし大手サイトで求人数は多く存在しますので、登録しておいて損はないです。




3位 マイナビ転職

利用満足度:★★★★

公式サイト:https://tenshoku.mynavi.jp/

転職サイト人気ランキング3位は「マイナビ転職」。

マイナビは草の根分けた細かい営業活動が特徴的で、一部の大企業は勿論ながら地方の企業や中小企業の案件を数多く持つ会社です。新卒求人数でもリクナビを何度か求人件数で超えている事があり、業界未経験者でもチャレンジできる求人が多いです。

穴場的な求人が多く発生し、短期間だけ出稿されてすぐ埋まるケースも少なくありません。

Iターン、Uターン転職を検討する方や業界未経験の仕事を探したい方は登録しておいて間違いのないサイトです。



4位 ビズリーチ 

利用満足度:★★★★

公式サイト:https://www.bizreach.jp/

転職サイトランキング4位は「ビズリーチ」です。

業界で確固たる地位を築きつつあるハイクラス転職、即戦力採用がウリのサイトです。

利用者の評判としては「年収500万以上ないとスカウトメールが来ない」「有料会員でないと求人がほとんど見れない」等がありますが、サイトが元々登録者をある程度絞るようなサービス設計をしている特徴があります。

その分、年収500万円以上の登録者には非常に評価が高いです。

「有料会員にしたら1日で80件スカウトメールが来た」という声や「求人の内容がとても良質で応募先を悩む程だった」などという事も多数。

有料会員も良いですし、トライアル期間で転職を終える事もできると思うので、現年収で500万以上ある方はビズリーチに登録するのが一番良いです。




5位 type転職エージェント

利用満足度:★★★★

公式サイト:https://type.career-agent.jp/

転職サイトランキング5位は、「type転職エージェント」です。

typeは元々関東での展開から始まり、女性のエージェントが多く、丁寧な案内でのキャリア相談に定評のある会社です。

私も登録してサービスを受けた事がありますが接遇や紹介提案の丁寧さは非常に好印象で記憶に残っています。

「type女性の転職Agent 」サイトも運営しています。(これは関東メイン案件)

女性は結婚・妊娠・子育てなど、キャリアプランを考えて行く上で男性と全く違う組立てをする必要があります。働き方の希望に合わせて、豊富な転職ケース事例を持つtypeは女性の転職者には不動の人気を誇っています。都市部近辺で転職活動をされる女性の方には特に向来ます。

本サイトでは案件は全国に及んでおり、面接対策や接遇には定評がある為、丁寧に対応してくれるサービスで活動したい方は登録しておきましょう。



6位 パソナキャリア 

利用満足度:★★★★

公式サイト:https://www.pasonacareer.jp/

転職人気サイトランキング6位は「パソナキャリア」。

パソナグループの人材紹介部門。元々グループとしては派遣から始まっている為そのイメージが強い方も多いと思います。

現在は人材紹介にも力を入れており、元々の取引先企業の繋がりを元に、豊富な求人を紹介できるのがパソナキャリアの特徴です。

私の同級生にも社員がいますが、typeと同じく女性の担当者の割合が多く、丁寧な対応に定評があります。

「面談が丁寧だった」「求人数が多い」「女性の担当者が多い」という声が多いです。転職初心者や女性の転職活動にオススメです。





7位 リクナビネクスト

利用満足度:★★★

公式サイト:https://next.rikunabi.com/

転職人気サイトランキング7位は「リクナビネクスト」。圧倒的知名度を誇るリクナビネクストですが、「求人が多すぎて探しにくい」「DMが多すぎる」「オファーDMだったから応募したのに書類で落とされた」等の声をよく聞きます。全体的に満足度は低い印象です。

私も以前使っていましたが、同様の印象があります。

ただ推薦できるポイントが2点。

①地方限定で仕事を探す場合にはまとまった件数があるのでマイナビと併せて利用すると地方限定掘り出し求人に会えるかもしれません。

②登録情報でエクセル出力できる履歴書・職務経歴書を作れます。

情報収集や転職活動の準備の一環としての利用は良いと思います。

あわせて見ておこう。転職口コミサイト

実際の社員が書いている口コミで社内の実情を少しでも把握しておきましょう。

口コミサイトにはいくつかあり、細かいものもありますが、ここでは2つ紹介します。

転職会議

公式サイト:https://jobtalk.jp/

一番最初にメジャーになった口コミサイトがこちらの「転職会議」です。

一時期、一部の企業が退職した社員からアンチコメントを大量に書かれる「荒らし」等が発生して問題になった時期がありましたが、今は仕様変更され、落ち着いているようです。ユーザー数も多いので目を通しておきましょう。

Openwork (旧Vorkers)

こちらも転職会議と同様、元社員の口コミが見れるサイトです。

登録情報で勤務歴を記載しないと元勤務先の口コミは書けない為、口コミを読んでいると非常にリアリティある声が読み込めます。かなり現実感のある情報が多く、応募先企業に幻想を抱く事なく転職活動できるという点では良い情報収集が出来るでしょう。閲覧、オススメです。

転職サイトの使い方

上記サイトには転職エージェントも含まれますので利用の考え方を簡単に説明します。

転職サイトは登録情報を入力するとサイト内のマイページから応募できます。

転職エージェントでは、一度面談した上で自分に合った求人をもらえます。

応募したい求人を転職サイトで見つけて、転職エージェントから応募するのが年収やキャリアを考える上ではメリットが多いです。

転職サイトは転職回数は企業名などのフィルタ機能がある為、機械的に落としてしまう事がある為です。

転職サイトで求人の有無を確認し、転職エージェントから推薦文付きで送ってもらう事で、書類通過率が上がりますのでやってみましょう。

他の記事でも求職者の方々の転職エリア・年齢・ライフステージ・年収毎にオススメ出来るサービスの紹介やポイントを紹介していきますのでお楽しみに。

まずは上記のランキングから転職サイトと転職エージェントの両方に登録して、良い求人を見つけて見てください。

Copyright© Suketora times , 2020 All Rights Reserved.