就職関連情報を人事視点で発信中★

助虎@人事web屋のブログ

Suketora times

エントリーシート(履歴書)の書き方

 
この記事を書いている人 - WRITER -
現役人事で営業経験者。今はweb集客を担当中。 リクルートやスタートアップなど人材系企業での経験を元に、 就職・転職関連の情報を人事側・求職者側両面の視点で発信します。
詳しいプロフィールはこちら

初回の応募時に記載するエントリーシート。誰でも内容に困る事があると思いますが、面接は既にここから始まっています。面接はエントリーシートや履歴書に基づいて行われるため、最初のコミュニケーションの大事な1枚になります。

わかりやすさ読みやすさが大事

人事は数多くのエントリーシートに目を通す為、読みやすさがとても大事です。何を言いたいのかわからない文章は嫌われますし、コミュニケーション能力が乏しいと思われる恐れがある為、気をつけましょう。

余白を残して文章を書くのも大切です。

人事は、エントリーシート・面接の全てにおいて、沢山の人に会い、沢山の人の話を聞いています。その中で相手に理解してもらいやすい内容を書いたり話したりする事は。「思いやり・気遣いのある人物」と、好印象を持ってもらいやすくなり、覚えられるいいきっかけになります。選考に有利に働きますので、是非意識していきましょう。

強調するポイント

面接で質問して欲しい事は、ポイントを絞って記載しましょう。自分が力をいれて取り組んだ事、社会人になって生かしたい事などをを書いておくとわかりやすいです。

見出しをつける

回答スペースに余裕を作ると読みやすくなり、見出しを作って結論から書くと一目で内容がわかりやすい構成になります。

根拠を語る

中学生が聞いて理解・納得できる位わかりやすいと納得しやすい

志望動機ややりたい事などを語る場合は、「なぜやりたいのか」という事に対して過去の出来事や思い出から理由を語る、または現在考えていることで実際に取り組んでいるという事実などを踏まえて志望している旨を記載しておきましょう。大事なのは全部語らずに質問する部分を残しておくこと。そうすると面接の時に面接官が質問がしやすくコミュニケーションが生まれやすい。あなた自身の志望動機を具体的に理解してもらえるいいきっかけづくりになります。

好印象を与える正しい写真の撮り方

スピード写真はNG、写真館での撮影を!

新卒採用ではあまりいませんが中途採用になると、スピード写真を使ってしまっている人をよく見かけますが肌がくすんで暗い印象になりやすいため必ず写真館で撮影するようにしてください。

背景は水色が望ましい

グレーや白の背景などでも問題ありませんが水色が比較的明るい印象になりやすいためオススメです。もちろん背景以上に髪型や肌の状態、顔の表情など明るい印象に写ることが1番大切です。十分な食事と睡眠をとって元気ハツラツの時の写真を撮りましょう。

コラム:履歴書写真で失敗したA君の話

管理人の友人に営業経験者のA君がいました。彼は営業時代に会社で営業部の記録を塗り変えるような新規契約記録を作ったり、何度かMVP表彰もされて営業や相手に好印象を与えるという点では自信を持っていました。

Aくんにはお兄さんがおり、お兄さんは大企業で人事担当を行い、多くの採用を行っていました。Aくんはある時転職活動を行なったのですが、プロの意見も聞いておこうと思い、写真館で撮った就職活動用の写真を兄に見せて「どうかな?」と相談したのです。お兄さんから返ってきた言葉は意外なものでした。」

「更生したヤンキーみたい(笑)」

一応年間数十人の新卒・中途を採用している人の言葉だったのでA君はショックを受けました。A君はその後、眉ペンで印象を柔らかくし、運動・食事・睡眠をしっかり取って笑顔を心がけて過ごした結果、それまで上手くいってなかった就職活動はあっさりと内定を取って終了する事になりました。面接官から「写真も良かったし、社長に提出しやすかった」と言われ、効果を感じたそうです。

A君は現在その会社で人事担当を行なっており、「求職者を傷つけるような採用活動は絶対しない」と言っています。履歴書の写真、大事ですね!

この記事を書いている人 - WRITER -
現役人事で営業経験者。今はweb集客を担当中。 リクルートやスタートアップなど人材系企業での経験を元に、 就職・転職関連の情報を人事側・求職者側両面の視点で発信します。
詳しいプロフィールはこちら
最近のコメント

    - Comments -

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    Copyright© Suketora times , 2019 All Rights Reserved.